学校情報

【大学受験】一橋大学の数学攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は一橋大学の数学の対策法について書いていきたいと思います。

一橋大学は文系の大学ながら、数学が非常に難しいことで有名です。

しかしながら、特に商学部や経済学部は数学の配点が高いため、おろそかにすることはできません。

そして、文系にとって難易度は高いといっても、頻出の分野は非常に限られており、しっかりとした対策を積めば、高得点を目指すことも不可能ではありません。

一橋の数学の中では特に微積、確率、整数の3分野が頻出です。難問ももちろん出題されますが、定石をおさえておけば対応可能な問題も多いです。そのため、まずはこの3分野に関して対策を書いていこうと思います。

数学が苦手な人はまずこの3分野のいずれかで確実に1完することを目指し、数学が得意な人もまずはこの3分野を完璧にすることを心がけてほしいと思います。

 

今回は、現役の一橋生で、数学の自己採点の概算は85%という数強の方に対策法を書いていただきました。

 

微積

微分、積分は発想というよりはある程度決まった手順での計算をきちんとミスなくこなせるかが問題になる。

よって、数学が苦手だが、1完は欲しいという人にとっては得点源にしやすい分野である。

必要な訓練としては、日頃から計算練習をすること、高次関数の概形を書き慣れること、極値と傾きの表を作ったらすぐにグラフの概形を描けるように練習することが大切であろう。つまり、解き慣れていてかつ分数や根号を含む計算をできれば取れる問題がほとんどである。

この対策には志望校以外の過去問を解くことも十分に有用である。志望校に囚われず良問を数多く解くことが大切なので、「スタンダード演習」などの良問を集めた問題集をお勧めする。

 

確率

確率もあり得る事象を丁寧に考えれば答えにたどり着くはずの分野である。また、微分、積分と同様にある程度のパターンを覚えておけば何とかなりやすいことも救いであると言える。

確率において肝になるのは全事象のとらえ方であろう。これは求めたい事象がどのように分節されているかということから考えれば最短ルートを辿りやすいのだが、自分で問題を解きながら実感して知識を身体化するのが良いと思う。

ただし、確率は微分、積分に比して解く問題の質が重要である。そこでお勧めなのがお茶の水大学の過去問である。お茶の水大学の確率の問題には良問が多いので、この大学よりさらに偏差値の高い大学を志望する人でも解けないことがあるかもしれないが、きっと力はつくのでめげずに取り組んでほしい。

 

整数

整数は答案さながらの記述をとにかく書いて、添削してもらうのが重要である。

整数は発想だから思いつけば記述なんて適当で良いという人もいるが、そんなことはない。寧ろ論理的な記述をできるようになる方が難しい。この分野は「~を求めよ」とあっても基本的にそれを求めるまでの過程が見られ、証明のように論理的な記述をすることが求められる。

論理的な記述とは因果関係の飛躍が一切ない答案を指し、自分で問題を解いているだけでは身につかないものであるので、是非とも添削をしてくれる先生を見つけてほしい。

問題集は河合塾の出している分野別対策シリーズの「整数」や、各志望校の過去問が良いだろう。「マスターオブ整数」を使いたがる人も多いが、問題数が非常に多く、難問に交じって悪問も散見されるのであまりお勧めはしない。

問題数はこなしてほしいが、論理的な記述ができるようになるまで何度も書いては添削してもらう作業を繰り返した方がより効率的に力がつくと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*